橈骨遠位端骨折

症状

怪我の直後から手首(手関節)の強い腫脹と痛みがあります。骨折部のずれが大きいと手関節がフォーク状に変形してしまう場合もあります。

橈骨遠位端骨折

痛みと腫れのために手指に力が入らずに十分に握り込むことが出来なくなります。

原因

前腕には橈骨(親指側)と尺骨(小指側)の二つの骨がありますが、前腕の遠位端で橈骨が折れるため橈骨遠位端骨折と呼ばれます。尺骨先端の骨折を合併する場合もあります。

手を地面について受傷します。手掌が地面につく際の角度により骨片が手の甲側(背屈)転位(Colles type)する場合と手のひら側(掌屈)転位(Smith type)する場合があります。背屈転位が強いと手関節がフォーク状に変形します。

閉経後の中年以降の女性では骨粗鬆症で骨が脆くなっているため、手をついただけで骨折してしまうことがあります。また、若い人でも交通事故や高所からの転落で強い外力が加わると骨折を起こします。

治療

X線で骨折を評価し、必要に応じてCTで骨折部の詳細な評価を行います。骨折部のズレが大きい場合には麻酔を行い、徒手的に整復操作を行います。徒手整復で骨折部のズレが改善すれば、ギプスやシーネによる外固定を行います。

整復しても骨折部のズレが残る場合や、粉砕が強い場合には手術を行います。手術はプレートを用いた固定が一般的です。

受傷から時間が経過して、親指を伸ばす腱が手関節背側の骨折部周辺で擦り切れて親指が伸ばせなくなる場合があります(長母指伸筋腱皮下断裂)。親指を伸ばす腱を他の腱と縫合して、親指が伸ばせる様にする手術が必要になります。
橈骨遠位端骨折は骨粗鬆症性骨折の始まりと言われています。術後に他の部位の骨折を予防するために骨粗鬆症の精査を行い、適応があれば骨粗鬆症の治療を開始します。