デュピュイトラン拘縮

症状

手のひら(手掌)から手指にかけて皮膚に陥凹やこぶ(結節)、索状物ができます。進行すると皮膚がひきつれて手指が徐々に伸ばしにくくなり、屈曲拘縮を起こします。

デュピュイトラン拘縮

最初は薬指に生じることが多く、その後小指や中指にも生じてきます。足の裏にも合併することがあります。

原因

原因は明らかになっていませんが、手掌腱膜という組織に機械的炎症が生じ、繊維組織が増殖して起こると考えられています。

中高年の男性に多く、女性には少ないです。糖尿病、飲酒歴、外傷等との関連も指摘されていますが明確ではありません。

治療

保存療法はなく、手指の屈曲拘縮が生じ日常生活に支障を来すようならば手術が検討されます。手術は増殖した腱膜切除を行います。拘縮が強い場合、腱膜を切除して手指が伸びる様になると皮膚が足りなくなるため、皮膚をジグザクにデザインして切開する必要があります。

collagenの分解酵素の注射での加療が一時期行われておりましたが、海外からの製品の輸出が止まっており、現段階では再開の予定はありません。