切断指

症状と原因

手指が体から完全に離れた状態を完全切断、皮膚などの一部の組織のみで繋がっている場合を不全切断と呼びます。

切断指

受傷の仕方として鋭利な刃物による鋭的切断や、重量物に指が挟まれて引き抜いた際に切断される引き抜き切断があります。また、機械に巻き込まれて挫滅する挫滅切断の場合もあります。

治療

切断指の損傷の程度や損傷部位で治療方針は異なります。一般的に鋭的切断の場合には軟部組織の損傷が強くないことが多く、挫滅切断の場合には損傷が強いです。指先(指尖部)の切断で、切断指が引きちぎられていたり潰されたりして組織の損傷が強い場合や、汚染が高度の場合には再接着術を行わない場合もあります。
再接着術では骨接合と腱縫合、顕微鏡を用いて血管吻合、神経接合を行いますが、指尖部切断の場合には血管吻合のみを行う場合もあります。



再接着術後は腫れの予防と血栓(血管のつまり)の予防のために入院が必要です。血栓予防に血液をサラサラにする薬を点滴で投与します。また、作業療法士によるリハビリも行います。
組織の損傷が強く再接着術を行えなかった場合や、再接着後に生着が得られなかった場合、後日他の組織を用いて手指を再建します。再建の方法は欠損の大きさにより異なりますが、同じ手指や手から皮膚を移動する方法(局所皮弁術)や、足趾などの別の場所から組織を移植する方法(遊離組織移植術)などがあります。